こばやし孝一郎について

もう少し詳しく知る


プロフィール  1はこちら



〈医師時代〉

・亀田総合病院では、国内屈指の教育病院で2年間鍛えられました。米国式、屋根瓦式の教育を受け、平日は病院に寝泊まりしながら、南房総地区の地域医療、救急医療に従事しました。


・札幌北楡病院は北日本随一の血液専門病院です。一般内科および血液内科研修に従事し、研修医や指導医とチームを組んで、約40例の造血細胞移植治療を実施する機会に恵まれました。

・岡山大学病院では、学生や研修医教育に力を入れるとともに、成人造血器腫瘍における臍帯血移植治療に従事し、中四国の移植拠点病院の実現に力を注ぎました。

・大学院時代は、中小病院で診療や救急当直を行う傍ら、日常診療で出くわした課題を解決すべくマウスモデルを用いた慢性GVHD(移植片対宿主病)の病態解析に努めました。

・中小病院の救急当番や、総合病院での内科外来、老健施設での診療を行っています。勤務を通じ、現場の声や医療を取り巻く環境を肌で感じることは、議会での政策提言に役立っています。



〈主な論文〉

  1. Clinical outcomes of unrelated donor umbilical cord blood transplantation for 30 adults with hematological malignancies. Anticancer Res. 2009 May;29(5):1763-70. 
  2. Programmed death-1 pathway in host tissues ameliorates Th17/Th1-mediated experimental chronic graft-versus-host disease. J Immunol. 2014 Sep 1;193(5):2565-73.
  3. Synthetic retinoid Am80 ameliorates chronic graft-versus-host disease by down-regulating Th1 and Th17. Blood. 2012 Jan 5;119(1):285-95.

〈岡山県議会議員として〉

道のり1

平成23年4月、無所属新人として岡山市南区選挙区で当選しました。組織・団体の要請ではなく、自分の意志で立候補し、選挙戦は親戚・友人・支援者の素人集団でした。

道のり2

当選後に自民党に入り(当時国政では野党)し、自民党県議として活動を開始しました。県議会では医療分野以外の委員会にも所属し、政治・行政全般について研鑽を積んできました。

道のり3

県議会では毎回登壇し、政策を提言してきました。
♢論語学習を通じた人間教育の導入
♢第3子以降の保育料無償化
♢不登校対策における医療的ケアのアプローチ
♢高校における親学を含む社会貢献活動の実施
♢造血細胞移植ドナーの休職に伴う助成(個人・企業)
♢ふな飯を活用した観光客誘致
♢児島湖水位のリアルタイムな情報提供
♢少子化対策の推進(地域別原因解析と対策)
♢用水路転落防止対策
♢中山間地域におけるふるさとワーキングホリデーの実施
♢ドクターヘリ日中帯運行時間の延長 

Address

〒702-8035 
岡山市南区福浜町9-6-A101 

Contacts

Email: info@koichiro-k.net 
Phone:
086-238-0516
FAX:
086-259-5884

This web page was created with Mobirise theme